Roland Life Mag:ローランド・ライフ・マグ
joshibu
band age
front line
photo collection
gekisoukun

そらの

 ネット・アイドル?ジャーナリスト?
『ダダ漏れ女子』っていったい何者?


 Frontline第二回目にご登場いただくのは、今、USTREAMを中心とするインターネット生中継配信業界の中で注目度大の「ダダ漏れ女子」こと株式会社ソラノートの広報、そらのさん。
 ミュージシャンでもなければDJでもない、いったい何をしていらっしゃる方なのか?ご存知ない方のために、その活動内容を簡単に説明していただきました。

「インターネット生放送を行っていて、いろいろなイベントや講演の会場からの配信や、自分たちでトーク・ショーを企画して配信したりすることをしています」

 そもそも「ダダ漏れ女子」というニックネームは?

「そもそもの始まりは、弊社でやっていたWEBサービスのプロモーションで『ケツダンポトフ』というブログを作りまして、そこに人を呼び込む手段を考えていたんです。そんな時『自分屋24』というホームページを見つけました、そこは女性が仕事をしている姿をUSTREAMでずっと生中継し続けているんです。これが目を離せない面白さがあって、これウチでもやろう、ってことになったんです。その女性がトミモトリエさんっていうんですけど、彼女が『ダダ漏れ女子』と言われてまして、同じことをやった私が『ダダ漏れ女子2号がいる』と噂になったんです。何も編集せずにノーカット、ありのまま、『ダダ漏れ』っていう語感がいいのでずっと使わせてもらってます」

 いつしかそらのさんの噂は広まり、ネット・アイドル、ジャーナリスト、などなど様々な肩書きで呼ばれるようになったのですが、実際は会社員として広報のお仕事をしている方。様々なイベント、有名どころでいうと事業仕分けの現場などに一人で行って、USTREAM生中継を一人でこなす人なのです。かといってUSTREAMの生中継自体がビジネスになっているわけではないそう。

「中継の依頼があって、それを生中継することでお金を取るわけではないんです。実際のビジネス・モデルとしてオープンにしているのは、ライブ・メディアを使ってプロモーションをしたいけどそのノウハウを教えて欲しい、そういう要望に対して企画として参加する、相談に乗る、そこでプロデュース料なり企画料なりでビジネスにつながる、ということなんです」


 つまり、USTREAMや動画サイトを使ったPR活動を企画、プロデュースするということ。

「昨年の6月に実際にやったのがニュージーランドの紹介ということで、2日間現地からダダ漏れしました。また、これとは別にゲーム・ソフトのプロモーション番組をやったりしました。PR活動をする場合、ダダ漏れが適しているものがあるんです。そこでアイディアを出していけばビジネスになるんじゃないかと思ってます」



そらの プロフィール

■名前: そらの
■性別: 女
■生年月日: 1987.12.8
■星座:いて座
■血液型:O型
■本籍: 北海道
■趣味:ゆず、舞台鑑賞、
 寝ること、食べること
■特技:車に乗って15分
 で寝れる

株式会社ソラノートの広報担当。ケツダンポトフというサイトで、さまざまな情報をUSTREAMを使い生中継をされています。